カテゴリ:バイク( 163 )

この車両のエンジンをOHした師匠の願いで
「コンクールデレガンス」に出品、
そしてグランプリ賞の受賞でその願いを果たせました。
a0160770_8482183.jpg
[PR]
by tturarc166 | 2010-09-03 08:50 | バイク | Trackback | Comments(0)

蝦夷伝説

チーム・ゴッゴル入会条件は現在モーターサイクルを所有し、下記の伝説を熟読し、それに賛同した者のみとする。
a0160770_208489.jpg

【アイヌの伝説】ゴッゴルとキムン・カムイ

【序章:アイヌ人にとっての熊】


アイヌ語では熊のことをキムン・カムイ=山の神という。
その他にも熊を表す言葉は沢山あり、狩猟採集民族であるアイヌの人々にとって狩りの上手い熊は特別な神聖なものだった。
しかし熊が山の神として敬われた理由はそれだけではない。

【第二章:ニホンオオカミの襲撃、そして…】

ある年、季節外れの大嵐で山中の木の実が熟す前に全て落ちてしまった。
ユク・ルペシペ(現在の鹿越「しかごえ」南富良野町)にあった小さなコタン(村)には冬を越すための充分な蓄えがなかった。
しかしそれは山の獣たちも一緒でニホンオオカミが夜毎にコタンを襲撃した。
男達は勇敢に戦い、火を怖がるニホンオオカミを七日七晩退けた。
しかし狡猾(こうかつ)なゴッゴル達はコタンの男達が連日の夜戦に疲れてきた頃を見計らって白昼堂々とコタンを襲った。

 【第三章:不死身のゴッゴル】

男達は怯まず弓矢で応戦した。しかしゴッゴルは一撃で雄のユク(エゾシカ)を倒すアイヌ弓をものともせず襲い掛かってくる。
ゴッゴルは山の神のなれの果てであり人の武器では決して死ぬことがないのだった。
あるオクネカチ(青年)が火を熾し松明をかざすと穢れ神(けがれがみ)であるゴッゴルは火を嫌がりようやく山へと逃げ帰った。

【第四章:コタンの危機】

それから数日間は青年の機転のおかげで犠牲者は出なかった。
しかしこのまま夜はニホンオオカミ昼はゴッゴルという状況が続けば、狩りのための矢も冬を越すための薪も底をついてしまう。
エカシ(長老)は急遽村中のものを集め話し合いを行なった。
松明をかざした青年がキムン・カムイに助けを求めることを主張し、自らその役を買って出た。

【第五章:キムン・カムイとの交渉】

青年が山奥のキムン・カムイの長の元へいった。すると大きな体躯の、眩しいばかりの月の輪を持つ一頭の熊が彼を待っていた。
青年は助けを請うた。がしかし、キムン・カムイの長は言った。
「如何に落ちぶれたとは言えゴッゴルは元々山の神であり人間に肩入れすることは出来ない」



【第六章:青年の機転再び】

青年は困ったがここでも機転を利かせた。
「ゴッゴルが火を怖がることは判っております。
しかしゴッゴルとの戦いに火を使ってしまうと、たとえゴッゴルに勝っても冬を越すことは出来ません。
だからその貴方の胸元に輝く月の輪を私達人間に下さい、ゴッゴルの牙とツメには自らの体で立ち向かいましょう」と言ったのだ。

【第七章:交渉成立、月の輪】

キムン・カムイの長はアイヌの青年の言い分ももっともだと考え、一族の月の輪を全てアイヌの青年に渡した。
青年は村に戻ると月の輪を松明にして村を囲い、残りの月の輪で鏃を作らせて戦いの準備をした。
月の輪は夜になると一層輝き、ニホンオオカミは近寄って来なかった。

【第八章:ゴッゴルの敗北】

翌日の昼、月の輪の輝きが一番弱くなった真昼間にゴッゴルの大群が現れた。
男達はゴッゴルをぎりぎりまで引き付けて一斉に月の輪の鏃をつけた矢を放った。
するとアイヌ弓をもろともしなかったあのゴッゴルが粉々に砕け散った。
それに驚いた残りのゴッゴル達は慌てて山へ逃げ帰った。
しかし人の武器では決して死なないゴッゴルはキムン・カムイの月の輪の鏃でバラバラになってもまだ生きていた。
そしてそのゴッゴルの破片一つ一つがコロポックルになった。アイヌの人々は熊たちに感謝し、その日から一層熊を敬うようになった。

【第九章:ゴッゴル改めコロポックルの改心】

その冬コタンの人々が寒さと飢えで困っている時、改心したコロポックル達がどこからかやってきて山の幸を運んでくれた。
そのおかげでコタンの人々は何とか生きのびる事ができたという。

【最終章:コロポックルとヒグマ】

今でも火と月の輪を怖がるコロポックルはじめじめとした蕗(ふき)の下に住んでいる。
しかし冬の飢饉を救ったことからアイヌの人々はコロポックルを幸せを運ぶ救いの神様として祭るようになった。

 ※ 北海道の熊が「ヒグマ」で「月の輪」を持たないのはアイヌの人々に月の輪を授けたからなのだ・・・
            by catfrog

Team Goggole の活動と規約
ツーリング及び集会未定、入会費、年会費無し。
16歳以上で走行可能なMCを所有している事。
それ以外はマナーを守れる者に限るが、マナーとはライダー自身の心の中に存在しているものと信じている。
入会を許可された者に限りチームTシャツを販売予定
[PR]
by tturarc166 | 2010-01-15 20:28 | バイク | Trackback | Comments(0)

数年前に走ってる最中、異音がクランクあたりから聞こえてきた。
以来ずっと展示車両となってしまっていたのが、やっと部品(クランク・メタル)が手に入ったので何とか今年は修理に出したいと思っている。やはり過積載がいけなかったのか・・・
エンジンはトラボンネを担当したエドワード・ターナー氏のものだ。アリエルからトライアンフの工場長に抜擢されている人物である。1953年製500ccOHVでアリエルのコンペモデルもこれがベースだ。だから80km/hからの加速が素晴らしい。以前W3やXS650など乗っていたが、高速で頭打ちが早い。しかしこのレッドハンターはどんどん加速して行く感じだ。さすがにボンネビルの栄冠を受けているエドワード・ターナー氏の設計は素晴らしい!
a0160770_15463283.jpg
a0160770_1547284.jpg
a0160770_19562969.jpg

[PR]
by tturarc166 | 2010-01-14 15:40 | バイク | Trackback | Comments(0)

カワサキ W1

多少後期の部品が付いてるけど初期型のシングルキャブエンジン。
フルレストアは金銭的にきつくて断念。
とりあえず磨き込んで車検が受かる状態までにはなりました。

a0160770_1534924.jpg

[PR]
by tturarc166 | 2010-01-13 15:07 | バイク | Trackback | Comments(0)
1200cc のサイドバルブ・エンジン
3速で100マイル走行が可能な素晴らしい作りに驚嘆!

a0160770_14594779.jpg


a0160770_6554952.jpg

[PR]
by tturarc166 | 2010-01-13 15:02 | バイク | Trackback | Comments(0)

Honda CBM72

夢の「CR71」に少しでも近付けたくて色々とカスタムしてきた1台

a0160770_14542624.jpg

[PR]
by tturarc166 | 2010-01-13 14:57 | バイク | Trackback | Comments(0)

ナックル・ヘッド

a0160770_2084111.jpg

大先輩より譲って頂いた46EL
1000ccだが良く回るエンジンだ。
峠でも不安なく何なりとこなせる素晴らしいポテンシャルに大満足。
a0160770_1448150.jpg

a0160770_2093910.jpg
a0160770_2095695.jpg
a0160770_20104533.jpg



























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by tturarc166 | 2010-01-13 14:50 | バイク | Trackback | Comments(0)

キングダイナ号

http://www.timetunnel.net/kingdyna_55.html
a0160770_1826141.jpg

もう少しホイールベースが長ければいいなあと思いながら乗っていました。
[PR]
by tturarc166 | 2008-04-20 18:24 | バイク | Trackback | Comments(0)

カワサキ Z750FX 1型

2007年 フランス・ドキュメンタリー映画 「ロード・ジャパン・ムービー・ワン」
 リヨン、トゥールースなどにて公開
監督:アルベール・クリスティン
走行シーンは美瑛

[PR]
by tturarc166 | 2007-08-10 07:24 | バイク | Trackback | Comments(0)

メグロ スタミナ K1

http://www.timetunnel.net/meguro_k1.html
a0160770_1824420.jpg

[PR]
by tturarc166 | 2007-04-20 18:22 | バイク | Trackback | Comments(0)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ