甦ったラビット君

パワーユニット丸ごと交換を依頼していたRabbit S601
クランク回りの部品が非常に入手しずらいため、市場に出ても高価になってしまう。
この部品も例外ではなく、ヤフーオークションで落札した物だが、スタート価格5万円が最終的に21万円に❗
引くに引けなくなった俺・・・
でもここで落とさないと永遠に動かない飾り物になってしまうラビット君
きっとまた元気に野原を走り回りたいに決まってる。
ユニット全体で60Kgくらい有るから今の俺には無理な仕事だ。
そこで事情を知っている高崎師匠が「今ならやりますよ!」と連絡をくれたので委託したら、昨日エンジンは無事掛かり異音も無さそうなので大丈夫ですねと報告が来た。
なんたって個人オークションだから21万円の賭けが無駄にならなくて良かった。
これで次のオーナーも安心して乗れる事を願うばかりだ。
やはりS301よりS601の方が可愛い🎵
走るならS301の方が断然軽快に走れるけどデザインはこっちだな\(^o
a0160770_15314004.jpg

トラックバックURL : https://timetunnel.exblog.jp/tb/238869870
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tturarc166 | 2018-10-22 09:05 | バイク | Trackback | Comments(0)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ