ヤマハ YAT-1  Vol,2

車庫内には大型ストーブを設置してるので、すぐ室内温度は上がるけど物体が冷たい。
金属製品が温まるまでは少々時間がかかる。
冷たいまま整備などしてると特にプラ製品はバキバキ割れてしまうのだ。
冷蔵庫より寒い車庫へ入ってYAT-1を眺めると
やはり各部が面白い造形をしてるなあ
リンク式チェンジやタンデム・ステップアーム
a0160770_13374870.jpg

a0160770_13381893.jpg

a0160770_13383447.jpg

真ん中が突出したテールレンズ
a0160770_13391496.jpg

片側が3センチくらいしかない薄型燃料タンク、
このようなフレーム形状なので真ん中が使えずタンクの両サイドを高くしてキャパを稼ぎ出している。
a0160770_13443497.jpg

気化器は表に出さず、この中に収められている。
a0160770_13453492.jpg

とってもユニークで楽しいなあ・・・
欠品はブレーキレバー、クラッチレバー、チョークレバー、ステップゴム、キックアームゴムだけなので何とかなるでしょう。
この車両は僕でツー・オーナーになるから大事にしなければね (^^♪















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
トラックバックURL : https://timetunnel.exblog.jp/tb/23451104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tturarc166 | 2016-12-08 14:00 | バイク | Trackback | Comments(0)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ