エクセレントバイク・フリー号

幻と言われているオートバイが、やっと到着!
1954年式 庄司興業のエクセレント・バイク・フリー号だ。
a0160770_1911553.jpg

a0160770_19111919.jpg

庄司興業は1954年に鈴木自動車工業の総代理店になり、ミニフリーMF-1型のエンジンを載せたバイクを自社で生産販売したが、1955年に発売した庄建号55A型の販売が失敗に終わり、1956年に倒産。
わずか1年半程でこのバイクの生産は終わってしまった。
a0160770_19161534.jpg

a0160770_19163074.jpg

38x44mm、50cc、2ps/4500rpm
a0160770_19164643.jpg

a0160770_19172486.jpg

一体、現在日本に何台存在するのだろう・・・
a0160770_9311167.jpg

誇らしげな庄司モーターサイクルの風きり ↑
a0160770_9323444.jpg

燃料タンクから僅かに読み取れる「EXCELLENT BIKE FREE GO」と「SHOJI KOGYO CO LTD」 

自分の長い旧車生活の中でも、ほとんど情報の無い車両だ。
1950年代当時はまだ「2サイクルオイル」が開発されていなかった為、エンジンオイルで混合燃料を作っていたから、良くプラグがブリッジ現象を起こしてバイクを押して帰ってくる単車乗りが多かった(笑)

これで生まれ年のバイクはライラック・ドラゴンとフリー号の2台となった。
思っていたより程度が良くて「俺好み」だ。
しばらくは楽しめるぞ!~(´▽`)~


(やっぱり変態オヤジだなあ・・・)
















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
トラックバックURL : https://timetunnel.exblog.jp/tb/22877858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tturarc166 | 2016-06-05 19:31 | バイク | Trackback | Comments(0)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ