高速道路に鹿が飛び出したその後の事

昨日のブログですが、その後どうなったかは鹿が山側へ逃げて行った事で終わりです。で、ちょっと余談になるのですが、汽車の汽笛の音を思い出して下さい。船の汽笛のような「ボーッ」という音ではなく「ピーッ」っと聞こえませんか?これは国鉄時代のSLの運転手さんくらいなら本当の意味を知ってる方がいらっしゃると思うのですが現代の電車やディーゼルの運転手さんは知ってるのかなあ・・・北海道では特に線路上に鹿が出る事が頻繁に有ります。SL警笛は、長く伸ばす汽笛(長緩汽笛)、少し長い汽笛(適度汽笛)、短い汽笛(短急汽笛)の三種類の組み合わせで10種類以上の汽笛合図が決められていて、それぞれの合図で意思伝達が行われています。その為だけではないですが汽笛を鳴らす「音色」についてなぜ「ピーッ」なのか・・・実はその音の有効力は鹿が警戒するんです。鹿笛って知ってますか?
a0160770_116368.jpg

これは我が家の旅用ハイエース号のキーに付けてる鹿笛ですが、鹿の鳴き声で、「ピ~~~」と長く鳴くと子供たちに周りに警戒しなさい!そして短く「ピッ ピッ ピッ」って鳴くと親が子供たちを探してる鳴き声になるんです。なので昔のSLの汽笛は鹿にはとても有効なんです。そして我が家のハイエース号のクラクションも「ブー」とか「ビー」ではなく「ピー」なんです。だから僕は長く鳴らし続けたのです。
a0160770_1116127.jpg

まあ車線上に飛び出して来た鹿が逃げたのは人間の気配を感じたからだと思いますが、山の中で鹿を探す時にはこの鹿笛を短く何回か吹くといいですよ。
さて今回のニシンのレシピは「塩焼き」、「刺身」、「切り込み」、「天ぷら」、「燻製」と試しましたがスモークは早く食べたかったので温燻と熱燻の中間くらいで仕上げたら抜群でした。
a0160770_11192798.jpg

あとはまだ「丸干し」、「漬け干し」が出来ていないので今度紹介致します。

※鹿の鳴き方について僕が初めて聞いたのはアイヌ民族からでした。
[PR]
トラックバックURL : https://timetunnel.exblog.jp/tb/21787536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tturarc166 | 2015-10-30 11:32 | 釣り | Trackback | Comments(0)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ