<   2010年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

冬は


何でもトマトソースで煮込めば美味しい!
冬は車庫の中の薪ストーブで・・・
a0160770_9535262.jpg

[PR]
by tturarc166 | 2010-01-20 09:54 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

インディアンの昼寝小屋

a0160770_20182171.jpg

2008年に作りました
a0160770_20154868.jpg
a0160770_2016164.jpg
a0160770_20163797.jpg
a0160770_2016537.jpg
a0160770_20171237.jpg

a0160770_20184773.jpg

a0160770_20222132.jpg

[PR]
by tturarc166 | 2010-01-16 20:22 | ネイティブ | Trackback | Comments(0)

蝦夷伝説

チーム・ゴッゴル入会条件は現在モーターサイクルを所有し、下記の伝説を熟読し、それに賛同した者のみとする。
a0160770_208489.jpg

【アイヌの伝説】ゴッゴルとキムン・カムイ

【序章:アイヌ人にとっての熊】


アイヌ語では熊のことをキムン・カムイ=山の神という。
その他にも熊を表す言葉は沢山あり、狩猟採集民族であるアイヌの人々にとって狩りの上手い熊は特別な神聖なものだった。
しかし熊が山の神として敬われた理由はそれだけではない。

【第二章:ニホンオオカミの襲撃、そして…】

ある年、季節外れの大嵐で山中の木の実が熟す前に全て落ちてしまった。
ユク・ルペシペ(現在の鹿越「しかごえ」南富良野町)にあった小さなコタン(村)には冬を越すための充分な蓄えがなかった。
しかしそれは山の獣たちも一緒でニホンオオカミが夜毎にコタンを襲撃した。
男達は勇敢に戦い、火を怖がるニホンオオカミを七日七晩退けた。
しかし狡猾(こうかつ)なゴッゴル達はコタンの男達が連日の夜戦に疲れてきた頃を見計らって白昼堂々とコタンを襲った。

 【第三章:不死身のゴッゴル】

男達は怯まず弓矢で応戦した。しかしゴッゴルは一撃で雄のユク(エゾシカ)を倒すアイヌ弓をものともせず襲い掛かってくる。
ゴッゴルは山の神のなれの果てであり人の武器では決して死ぬことがないのだった。
あるオクネカチ(青年)が火を熾し松明をかざすと穢れ神(けがれがみ)であるゴッゴルは火を嫌がりようやく山へと逃げ帰った。

【第四章:コタンの危機】

それから数日間は青年の機転のおかげで犠牲者は出なかった。
しかしこのまま夜はニホンオオカミ昼はゴッゴルという状況が続けば、狩りのための矢も冬を越すための薪も底をついてしまう。
エカシ(長老)は急遽村中のものを集め話し合いを行なった。
松明をかざした青年がキムン・カムイに助けを求めることを主張し、自らその役を買って出た。

【第五章:キムン・カムイとの交渉】

青年が山奥のキムン・カムイの長の元へいった。すると大きな体躯の、眩しいばかりの月の輪を持つ一頭の熊が彼を待っていた。
青年は助けを請うた。がしかし、キムン・カムイの長は言った。
「如何に落ちぶれたとは言えゴッゴルは元々山の神であり人間に肩入れすることは出来ない」



【第六章:青年の機転再び】

青年は困ったがここでも機転を利かせた。
「ゴッゴルが火を怖がることは判っております。
しかしゴッゴルとの戦いに火を使ってしまうと、たとえゴッゴルに勝っても冬を越すことは出来ません。
だからその貴方の胸元に輝く月の輪を私達人間に下さい、ゴッゴルの牙とツメには自らの体で立ち向かいましょう」と言ったのだ。

【第七章:交渉成立、月の輪】

キムン・カムイの長はアイヌの青年の言い分ももっともだと考え、一族の月の輪を全てアイヌの青年に渡した。
青年は村に戻ると月の輪を松明にして村を囲い、残りの月の輪で鏃を作らせて戦いの準備をした。
月の輪は夜になると一層輝き、ニホンオオカミは近寄って来なかった。

【第八章:ゴッゴルの敗北】

翌日の昼、月の輪の輝きが一番弱くなった真昼間にゴッゴルの大群が現れた。
男達はゴッゴルをぎりぎりまで引き付けて一斉に月の輪の鏃をつけた矢を放った。
するとアイヌ弓をもろともしなかったあのゴッゴルが粉々に砕け散った。
それに驚いた残りのゴッゴル達は慌てて山へ逃げ帰った。
しかし人の武器では決して死なないゴッゴルはキムン・カムイの月の輪の鏃でバラバラになってもまだ生きていた。
そしてそのゴッゴルの破片一つ一つがコロポックルになった。アイヌの人々は熊たちに感謝し、その日から一層熊を敬うようになった。

【第九章:ゴッゴル改めコロポックルの改心】

その冬コタンの人々が寒さと飢えで困っている時、改心したコロポックル達がどこからかやってきて山の幸を運んでくれた。
そのおかげでコタンの人々は何とか生きのびる事ができたという。

【最終章:コロポックルとヒグマ】

今でも火と月の輪を怖がるコロポックルはじめじめとした蕗(ふき)の下に住んでいる。
しかし冬の飢饉を救ったことからアイヌの人々はコロポックルを幸せを運ぶ救いの神様として祭るようになった。

 ※ 北海道の熊が「ヒグマ」で「月の輪」を持たないのはアイヌの人々に月の輪を授けたからなのだ・・・
            by catfrog

Team Goggole の活動と規約
ツーリング及び集会未定、入会費、年会費無し。
16歳以上で走行可能なMCを所有している事。
それ以外はマナーを守れる者に限るが、マナーとはライダー自身の心の中に存在しているものと信じている。
入会を許可された者に限りチームTシャツを販売予定
[PR]
by tturarc166 | 2010-01-15 20:28 | バイク | Trackback | Comments(0)
a0160770_155722100.jpg

大地が生まれ変わる月 (12月22日~1月19日)
            EARTH RENEWALMOON
            山羊座(12.22~1.20)に相当
トーテム
動物界:スノー・グース
植物界:樺の木
鉱物界:水晶
色:白
自然界:亀(土)のファミリー
水晶の様に宇宙の偉大なパワーを受信し、転送する能力を備える。
宇宙から発信される古い記憶を受信することがあり、真の意味で伝統に敬意を払う。
完璧を求め努力する性質と、それに相応しいパワーを生まれつき授かっている。
非情に強いパワーと潜在的な自己破壊の種を宿す為、自分のものの見方や考え方に余り固執しないこと。
自分に流れ込む、あらゆるエネルギーをバランス出来れば、かなりのレベルまで自己を高めることが出来る。
自らを再生し全エネルギーをバランスする方法としては、人に「与える」ことが重要。

             安息と浄化の月(1月20日~2月18日)
            REST AND CLEANSINGMOON
            水瓶座(1.21~2.18)に相当
トーテム
動物界:カワウソ
植物界:ポプラ
鉱物界:銀
色:銀
自然界:蝶(風)のファミリー
銀の様な柔軟性を持ち、ほとんどの状況に順応出来る。頭の回転が速く直感も鋭い。
遊び心があり誰からも好かれ、又友人の為に役立つことを心から楽しむ。
月との関係が深く、非常に感情的にもなれるが、大抵の場合はそれを表に出さない。
もともと夢見がちなところに、フワフワと漂う蝶のファミリーであるので、現実的になろうと自覚しないと夢から夢へ飛ぶことの繰り返しで、結局何ひとつ夢が実現しないことになる。

              大風の月(2月19日~3月20日)
              BIG WINDSMOON
             魚座(2.19~3.20)に相当
トーテム
動物界:クーガー
植物界:オオバコ
鉱物界:トルコ石
色:ブルー・グリーン
自然界:蛙(水)のファミリー
他の月生まれが知らない、生命のプロセスを知る資格が与えられており、ヒーラーとしての潜在的能力を持つ。
クーガーさながらハンターであり、追うプロセスそのものを楽しむが、獲物は物質的対象ではなく霊的な成長の場合が多い。
各種の宗教や儀式に深い感心を持ち、跳躍に富む思考能力を人生の可能性探究に使う。
霊的探求者の面と、問題を自ら抱え込み、憂鬱や欲求不満になる面とを併せ持つ。
精神面での充分なテリトリーを確保し、身の周りに緑のものを置くと良い。

            木が芽吹く月(3月21日~4月19日)
            BUDDING TREESMOON
            牡羊座(3.21~4.20)に相当
トーテム
動物界:レッド・ホーク
植物界:タンポポ
鉱物界:ファイヤー・オパール
色:黄色
自然界:サンダーバード(火)のファミリー
精神的・肉体的・感情的に、密度の高いエネルギーを有効に活用する能力がある為、能動的な状況を好む。
基本的にオープンな性格で、生まれながらに楽天的で意志が強く、自分に対して正直である。
先見の明と洞察力もある。
エネルギーを上手くバランスし、使い方を習得すれば、どんな道でも成功する。
しかし、そこに至るプロセスは、長く苦しいものになる場合が多い。
忍耐と落ち着きを学び、瞬間的に燃え上がるのを通り超して、燃え尽きないよう注意が必要。

              蛙が戻る月(4月20日~5月20日)
              FROGS RETURNMOON
             牡牛座(4.21~5.21)に相当
トーテム
動物界:ビーバー
植物界:ヒナユリ
鉱物界:クリソコラ
色:青
自然界:亀(土)のファミリー
誠実で安定した人柄と裏表のない行動が、相手に清浄感を与える。
頭が良く器用な上、忍耐強く根気があるので、自分にとって必要だと感じたものは短時間で習得してしまう。
一見「運の良い人」と見えるが、実は本人の努力の結果であり、鋭い現実感覚の持ち主である。
環境にすぐに順応するビーバーの様に、柔軟な肉体と精神を備えている為、どんな分野でも本気で取り組めば成功する。
反面、安定した自分の世界に閉じこもり、人生の変化を受け入れることを学ばなければ、非常に頑固で融通のきかない人になる怖れがある。

             とうもろこしを植える月(5月21日~6月20日)
             CORNPLANTINGMOON
            双子座(5.22~6.21)に相当
トーテム
動物界:ディア
植物界:ノコギリソウ
鉱物界:コケメノウ
色:白と緑
自然界:蝶(風)のファミリー
頭の回転が早く、鋭い直観力と感受性があり、美しい環境に身を置くのを好む。
「美」に対する根源的な欲求があり、美しいものを創造する術を心得ており、それが魂の充足へとつながる。
機知に富み思いやり深く、他人の感情の機微を容易に察知するが、博愛主義者である為、ひとつの人間関係に落ち着くのが苦手。
どんな人に対しても、自分の一番深い部分を見せられるのに時間が掛かる為、自分の深い部分を見せられるパートナーを見つけ、人生に落ち着きを持つことが必要。
 
            強い太陽の月(6月21日~7月22日)
             STRONG SUNMOON
            蟹座(6.22~7.22)に相当

トーテム
動物界:フリッカー(ハシボソキツツキ)
植物界:野バラ
鉱物界:カーネリアン
色:ピンク
自然界:蛙(水)のファミリー
愛情深く、周りのもの全てに愛を注ぐことの出来る大きな心の持ち主。
非常に家庭的で、円滑に機能している魅力的な家庭がある時に、一番能力を発揮する。
新しい考え方や感覚を柔軟に受け入れることが出来、一度受け入れたものは忠実に守る。
理性的な問題に対しても、感情的な問題に対しても決断力があり、決断したことは実行する。
本人の成長の度合によっては、感情の荒波に翻弄され消耗することも。
物質的な不安定さから、否定的な感情に終始し振り回されないよう、物質面での基盤を安定させることが重要。



              木の実が熟す月(7月23日~8月22日)
              RIPE BERRIESMOON
             獅子座(7.23~8.22)に相当
トーテム
動物界:チョウザメ
植物界:ラズベリー
鉱物界:ガーネットと鉄
色:赤
自然界:サンダーバード(火)のファミリー
肉体的なエネルギーが高く、生まれながらにパワーがあって生命力にあふれ、強い意志を持っている。
流れるエネルギー量が多いため、どんな場面においても統率者となり得る。
肉体的、または感情的な緊急事態に直面しても的確に対処し、エネルギーがスムーズに流れている限りは、公正で心優しいリーダーである。
性的エネルギーと活動エネルギーを誤用し、衝動的かつ破壊的な振る舞いに走らない様、自分の性的エネルギーを上手く扱うことが課題。
二面性が特徴で、見かけに寄らず繊細で傷付きやすいが、自分の本当の感情を他人には見せない。
必要ない人の前では鎧を脱ぐのを学ぶことが必要。

            刈り入れの月(8月23日~9月22日)
             HARVEST MOON
            乙女座(8.23~9.23)に相当
トーテム
動物界:ブラウン・ベアー
植物界:スミレ
鉱物界:アメジスト
色:パープル
自然界:亀(土)のファミリー
際立って分別のあることが特徴で、何事にも公正な判断、正義、勇気を持って粘り強く対処する。
自ら下した決定を完璧に理論付け、実際、その決定はほとんどいつも正義にかなっている。
冷静かつ合理的、正確に物事を考え、考えたことを正しく伝える素質があるので、良い教師、良い上司となる。
現実主義なところから、気を付けないと、誰に対しても過度に批判的になり、冷笑的になることがある。
そうなると、これ程付き合い辛い人間はない。
表面の冷静さに隠されてはいるが、本当は心優しく感情豊かで、大切に思っている人には、言葉ではなく態度で表現する。

              鴨が渡る月(9月23日~10月23日)
              DUCKS FLYMOON
             天秤座(9.24~10.23)に相当
トーテム
動物界:ワタリガラス
植物界:モウズイカ(毛芯草)
鉱物界:ジャスパー
色:茶
自然界:蝶(風)のファミリー
集団志向があり、安心して物を言い合える仲間と一緒にいる時、一番の幸福を感じる。
帰属する集団への忠誠心が強く、仲間に対しては協力を惜しまず、誠意を尽くす。
慎重で即断即決というタイプではなく、調和を感じる答えに達するまでは決断しない為、時に優柔不断、無責任と受け取られることがある。
知的で、自分の視界にあるもの全てから学べ、どこにでも順応できる。
親切で思いやりがあり思慮深く、他人のために親身に世話をする為、周りを魅き付けずにはおかない。
家庭でペットを飼い動物と触れ合うことが、自然界との絆を実感でき、プラスに働く。

             凍りつく月(10月24日~11月21日)
             FREEZE UPMOON
            蠍座(10.24~11.22)に相当
トーテム
動物界:スネーク(蛇)
植物界:アザミ
鉱物界:銅とマラカイト
色:オレンジ
自然界:蛙(水)のファミリー
生まれながらにヒーラーの素質があり、精霊の声に敏感で、種々様々の精妙なエネルギーを受信することが出来る。
好奇心と探究心が旺盛で、高いエネルギーを伝導する力がある。
神秘的で秘密主義。他人と打ち解けるまで時間が掛かり、しばしば誤解されることがある。
自分の能力を開発し、正しく使おうという意志さえあれば、精神や感情をかなりの程度まで高めることが出来るが、自分を見失っている時トゲトゲしくなり、頑固で皮肉屋、時に激怒し、一番身近な人まで傷付けることがある。
心と肉体と魂を理解し、その高い理解を、自己をコントロールするために使うことを学ぶ必要がある。

            長い雪の月(11月22日~12月21日)
            LONG SNOWSMOON
           射手座(11.23~12.21)に相当
トーテム
動物界:エルク(大角鹿)
植物界:エゾマツ
鉱物界:黒曜石
色:黒
自然界:サンダーバード(火)のファミリー
堂々とした風格を持ち、飾らない態度の中にも誇りを感じさせ、高貴な雰囲気を漂わせる。
洞察力に優れ、思慮深く、体験したことを吸収する能力がある。
新しい考え方や環境に合わせて自分を変えるのは得意ではないが、一度変わると、変化は確実である。
必要とあらば、ためらわずに集団のリーダーになるが、独立独歩の気質も持ち合わせている。
生まれながらに霊的なギフトを授かり、それを人に教える能力があるので、豊富な知識を身に付けると、その恩恵に浴することが出来る。
[PR]
by tturarc166 | 2010-01-15 15:58 | ネイティブ | Trackback | Comments(0)

数年前に走ってる最中、異音がクランクあたりから聞こえてきた。
以来ずっと展示車両となってしまっていたのが、やっと部品(クランク・メタル)が手に入ったので何とか今年は修理に出したいと思っている。やはり過積載がいけなかったのか・・・
エンジンはトラボンネを担当したエドワード・ターナー氏のものだ。アリエルからトライアンフの工場長に抜擢されている人物である。1953年製500ccOHVでアリエルのコンペモデルもこれがベースだ。だから80km/hからの加速が素晴らしい。以前W3やXS650など乗っていたが、高速で頭打ちが早い。しかしこのレッドハンターはどんどん加速して行く感じだ。さすがにボンネビルの栄冠を受けているエドワード・ターナー氏の設計は素晴らしい!
a0160770_15463283.jpg
a0160770_1547284.jpg
a0160770_19562969.jpg

[PR]
by tturarc166 | 2010-01-14 15:40 | バイク | Trackback | Comments(0)

94ミニ・メイフェア

a0160770_15215898.jpg
a0160770_15242797.jpg
a0160770_15244449.jpg

嫁さん専用車となってます。
[PR]
by tturarc166 | 2010-01-14 15:26 | | Trackback | Comments(0)
a0160770_14395098.jpg

娘の「ナバホ」

a0160770_14413596.jpg

母親の「ココ」 ヤンママです!

a0160770_1442379.jpg

ナバホと兄弟
a0160770_18345913.jpg

[PR]
by tturarc166 | 2010-01-14 14:46 | ペット | Trackback | Comments(0)

美馬牛

a0160770_1672036.jpg
a0160770_1673673.jpg

今まで美瑛が賑やかになっていたのだが、少し冷めだしてきたので僕たちには良い事だ。美瑛が観光地化されて来てしまったが、美馬牛はまだ自然が残ってる。僕の一番のお気に入りスポットはルベシベのヴィーナスの丘から西側を望む風景だ。
[PR]
by tturarc166 | 2010-01-13 16:12 | | Trackback | Comments(0)
a0160770_1625160.jpg
a0160770_1635730.jpg


阿寒の「オンネトー」と美瑛の「青い池」の色は似ている。
しかし「オンネトー」は一日に何度か色が変わる・・・
[PR]
by tturarc166 | 2010-01-13 16:06 | | Trackback | Comments(0)

ごっこ汁

a0160770_15513558.jpg
a0160770_15514823.jpg
a0160770_15542265.jpg

1月の「ごっこ」は美味しい
函館では12月から柔らかい「ごっこ」を食べてるそうだ・・・
[PR]
by tturarc166 | 2010-01-13 15:56 | 美味しいもの | Trackback | Comments(0)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ