カテゴリ:バイク( 139 )

先日から来道していた横浜時代の先輩が先程無事に帰って行きました。
今回の旅で番長がGETしたのはBMWーR60、
a0160770_19291258.jpg

それと、シュタイプLS200(このサイドカーは吉川晃司の映画「テイクイットイージー」で使用された現物でカーには名取裕子さんが乗りました)
a0160770_1930079.jpg

あとは凄く気になっていたBMWーR52/3のタンクですが売りに出る事はまず有り得ないレア品です。
ハーレーダビッドソンだとJDの時期ですが、これはまだ交渉中
a0160770_19331164.jpg

そして僕の方はヤマハYA6改オフロード仕様をGET
番長の土地買い付けは中々いい物件がみつからず今回はパスという事で先程旭川空港より横浜に戻って行きました。
a0160770_1937524.jpg

a0160770_19372572.jpg

とりあえず良い商談がまとまり、紹介者としてはホッとしました。





























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by tturarc166 | 2017-02-16 19:40 | バイク | Trackback | Comments(0)
毎日毎日、家の中でゴロゴロしてるオヤジは居ないか?
何をしたらいいのか分からないオヤジは居ないか?
そのまま人生を終わらせて悔いはないのか?
たった一度しかない人生
しかも歳をとってくると一日一日過ぎるのがやたら早い

ちょっと古いけど今一度見ると面白い・・・
バイク「ハーレー・ダビッドソン」に興味が無いオバチャン達も笑えるし
特に第二の人生を考えてるオヤジ達に見て欲しい映画
「団塊ボーイズ」WILD HOGS

a0160770_09213253.jpg














ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
by tturarc166 | 2017-02-01 09:35 | バイク | Trackback | Comments(0)

岩間温泉

今から30年前の事
北海道へ移住してきて間もなく、旅人から「幻の温泉がある」と言う話を聞いた。
そんな話を聞けば誰でも行きたくなるのではないかと思うがしかし、大変な所らしい・・・
a0160770_17332159.jpg

とにかく僕は早速、未走行林道探険の準備をした。
旭川からR39を東へ層雲峡を越え、大雪ダムを帯広方面に向かい三国峠に入る。
a0160770_17335724.jpg

a0160770_17341448.jpg

a0160770_17345748.jpg

三国峠から見下ろす景観は最高に気持ちが良い
その幻の温泉に辿り着くまでは石がゴロゴロしてたり、川が有ったりすると言うので
選んだバイクは「BMW R80GS」だ。 この選択は正解であった。
a0160770_1735311.jpg

ゲレンデ・シュトラーゼと言う名を持つこのバイクは名門「BMW」がパリダカに出場させ、見事に3年連続優勝している優秀なマシーンである。
ワークスがR100GSではなくR80GSを選んだのは軽さとフットワークの良さだ。
フラットツインでありながら乗ってみるとビックリするほど身軽でパワーが有る。
若干、三国峠の高速コーナーでは120km位からフレームのヨーイングが出るけど
テールスライドする事は無かった。
もしかするとそう言うフレーム設計なのかもしれない・・・

三股を過ぎたら右へ入ると聞いたが入る場所がわからない。何度も往復してみたが
看板も出ていないので三股山荘に寄って珈琲でも飲みながら奥さんに聞こうと思った。
a0160770_17475519.jpg

そうしたら奥さんのほうから 「どこまで行くんですか」と訪ねられたので、
「山奥に有る何とか温泉に行きたいんだけどどこから曲がるのかわからないんです」
と答えたら「ああ 岩間温泉ね」と言われてやっと名前がわかった。

「温泉が好きなんですか?」と聞かれたので「昔は海が好きだったんだけれど
最近は山の方が好きになってきました」と答えたら「歳をとってきたんですねえ」と言われ、なるほどそうかもしれないと思った。

でも奥さんはもっと素晴らしい温泉が有ると言う。

そこは糠平湖の裏湖畔に1人か2人がやっと入れる位の湯が沸いていて行くならば夕方にしなさいと言われた。
その理由は夕日が湖畔一面に反映して「オレンジ色の世界」に変わるらしい。

でもこの楽しみは次回にして岩間温泉への入り口を聞き 再度出発!
a0160770_17371186.jpg

今度は入り口を見つけた。やはり登山道だった。
御覧の様に楽しそうな道でしょ!?
8km位行ったら左の画像の左端に写っている丸太を立てた看板?に赤い字で温泉マークが書いてあったけど、何か怖い・・・右画像の川も横断しなければならない。中央に奥へ続く道が有るの見えますか?
a0160770_17385094.jpg


しかしこの日は川の水が増幅していなかったので深いところでも
水位はアクスルシャフトまでだった。
そして川を渡ったその奥にその幻の温泉は姿を現した・・・
a0160770_1740987.jpg

画像の真中、崖にぽっかり穴が開いていてそこからかなり熱い湯が湧き出しているのだ。
歩いて対岸に渡らなければならないので丸太の上を両手を広げバランスを取りながら進む。
a0160770_17405249.jpg

当然 脱衣場など無いから そのへんに落ちてる木でハンガーを作る。
a0160770_17411838.jpg

そして入浴、でも人間裸にになると 何て無防備な事かと気がつき少し不安になるが、それにしても大自然の中での風呂は最高である!

(熱いので石をどけて川の水を引き込む事)

















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by tturarc166 | 2017-01-25 18:25 | バイク | Trackback | Comments(1)

真冬の訪問者

郵便屋さんが来たのかな?と思ったら3台もいた。
何と常連さんのK子ちゃんが友達を二人連れてやってきた。
元旦に宗谷岬行って来ましたとの報告がてらバイクで珈琲を飲みに・・・若い!
a0160770_17323940.jpg

a0160770_17325682.jpg

a0160770_17332951.jpg

しばらく時間を忘れ、笑いに包まれてると日が暮れてきました。すると
「寒くなる前に帰ろうか・・・」って 最初から寒いでしょ!(^ω^)



















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by tturarc166 | 2017-01-08 17:38 | バイク | Trackback | Comments(0)

ヤマハ YAT-1の思い出

a0160770_1027223.jpg

実はこのバイクに乗った思い出ではありません・・・
とっても悲しい思い出です。
昔の自分はジャンクヤードが大好きで、休みの日になると弁当持参で廃車置き場を廻っていました。
そこでどうしても乗ってみたくなるバイクを見付けるたびに持って来るので置き場に困り、両親の自宅の周辺にまで並べていたら、いつも母親に「雑品屋と間違われるから早く処分して!近所迷惑なんだから・・・」と怒られていたのです。さすがに多い時には120台くらいになっていました。で、少しずつ減らしていったのですがどうしても手放せないバイクも有ります。いつか絶対直して乗ってみたいと思う物だけ残して置いていたら、ある日全部消えていました。母親に聞くと業者さんを呼んで持っていってもらったと言うのです。年老いた母を怒鳴るわけにはいかず、諦めましたが、その中にYAT-1が有ったのです。ヤマハの歴史の中で初期はドイツのDKWなどを模範として作られていたものが多かったのですが、この車両を初めて見た時にやっと日本のヤマハらしいデザインだなあと思っていました。だからどうしても乗りたかったのに消えてしまい、ずっと僕の記憶の中に残ってしまったのです。それが芦別の薮農機さんと東滝川の鈴木オートさんの御好意で同じ車両が我が家にやって来ました。これでやっと長年の夢が来年きっと叶う事になりそうです。

















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[PR]
by tturarc166 | 2016-12-17 10:55 | バイク | Trackback | Comments(2)

中島飛行機とラビット

先月のTV「日本の名家」で中島飛行機の中島知久平氏の家が前編後編で放映された。
僕は興味深々で放映される日を待っていた・・・
そして一昨日また中島飛行機の特集が放映された。幻となってしまった大型爆撃機「富嶽」計画・・・
これには感動しました!もし生産されていたらB29の1、5倍もある爆撃機が存在していたのです。
そして九七式戦闘機は、あの真珠湾攻撃で最も活躍した飛行機です。
僕が楽しみにしていたのはラビットスクーター(現在所有)とキングダイナ号(以前所有)が中島飛行機系列の工場で生産されていたので是非見てみたかったからです。

財閥解体後12社の沿革としては
中島飛行機から解体された会社は多くが現在でも存続していて、
富士重工業 (スバル)とか「マキタ」などは皆さん御存知のメーカーですね。
以下は共同設立で、後に合併して出来会社です。

東京富士産業(本社→)
富士工業(中島飛行機太田製作所と武蔵野製作所→)
富士自動車工業(中島飛行機伊勢崎製作所→)
大宮冨士工業(中島飛行機大宮製作所→)ここでキングダイナ号が生産されてました。
宇都宮車両(中島飛行機宇都宮製作所→)
ラビットスクーターの試作車は富士産業の呑龍工場で生産され、
第二次世界大戦後に余剰となった爆撃機銀河の尾輪を流用装着したと言われています。
今、所有しているラビットスーパーフローS-601は
1959年発売。S101の機能向上型として開発されました。
a0160770_10464166.jpg

外観的にはそっくりですがS101の4ストローク・サイドバルブのエンジンから、パワフルな199cc空冷2ストローク単気筒エンジンと新設計片持ユニットスイングを搭載しています。

以前所有していたキングダイナ号は

友人のメグロジュニアS8型と一緒に走っているところです。
a0160770_10594792.jpg

ラビットもキングダイナ号も、どちらも本当に丈夫で中島飛行機の物作りのこだわりが感じられる車両です。

今年友人に普段乗っていたS301を譲ってしまったので、まだ残ってる手持ちパーツがあくさん有るから、組めば3台くらい出来るのですが、中々進みません。
来年中には1台くらいは組む予定をしています。
a0160770_9432211.jpg

a0160770_9452867.jpg

a0160770_9495988.jpg





























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by tturarc166 | 2016-12-10 11:05 | バイク | Trackback | Comments(0)

ヤマハ YAT-1  Vol,2

車庫内には大型ストーブを設置してるので、すぐ室内温度は上がるけど物体が冷たい。
金属製品が温まるまでは少々時間がかかる。
冷たいまま整備などしてると特にプラ製品はバキバキ割れてしまうのだ。
冷蔵庫より寒い車庫へ入ってYAT-1を眺めると
やはり各部が面白い造形をしてるなあ
リンク式チェンジやタンデム・ステップアーム
a0160770_13374870.jpg

a0160770_13381893.jpg

a0160770_13383447.jpg

真ん中が突出したテールレンズ
a0160770_13391496.jpg

片側が3センチくらいしかない薄型燃料タンク、
このようなフレーム形状なので真ん中が使えずタンクの両サイドを高くしてキャパを稼ぎ出している。
a0160770_13443497.jpg

気化器は表に出さず、この中に収められている。
a0160770_13453492.jpg

とってもユニークで楽しいなあ・・・
欠品はブレーキレバー、クラッチレバー、チョークレバー、ステップゴム、キックアームゴムだけなので何とかなるでしょう。
この車両は僕でツー・オーナーになるから大事にしなければね (^^♪















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by tturarc166 | 2016-12-08 14:00 | バイク | Trackback | Comments(0)
P124~P127
バッチリ出てるなあ・・・我がライラック号
a0160770_10502782.jpg

a0160770_1050479.jpg

a0160770_105128.jpg

a0160770_10511594.jpg























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by tturarc166 | 2016-12-06 10:52 | バイク | Trackback | Comments(0)
昨日の営業中、バイクを積んだ軽トラが駐車場に入って来た。
そのバイクを見て「まさか!」と思ったら、その「まさか!」だった。
東滝川で「鈴木オート」という昭和のバイクを中心に修理販売している近藤氏が
「プレゼントです(^^♪」と言って運んで来た車両、ヤマハのYAT1です。
話せば長くなってしまうので省略しますが、YAT1と言う車両は僕にとって今までずっと心の中に悔いが残ってたものだったんです。
その事を以前、近藤氏に話した事が有ったので、それを彼は覚えていてくれたようです。
だから軽トラに積んで来たこのYAT1を見て「まさか!」と思ったのです。
凄いサプライズで、しばらく心拍数が上昇していました(´▽`)
僕はふだん、何が起こってもあまり驚かないタイプなんですが、ことバイクに関しては別で、納屋などに無造作に置かれてる古いバイクなんか見つけると非常に気持ちが高ぶってしまいます。
このYAT1は20年くらい前に、ある所で見た物です。
a0160770_9303848.jpg

a0160770_9305227.jpg

a0160770_931994.jpg

一見YDS風のスタイルをしているように思われますが、何から何まで全く別物です。
ロータリーバルブ、リンク式チェンジペダル、国内初の125ccツーリングモデル
YA5ベースのエンジンですが9、3馬力から11馬力にアップされています。
タイヤサイズも16インチから18インチにした事がヤマハが「ツーリングモデル」として位置づけし、実用モデルが多い中、とても安定した走りが出来るようになっています。
超薄型のタンクに付くエンブレムも非常に特徴的な物となっていますね。
人間生きていれば必ず良い事が有るものだ・・・ と感動した日になりました。
これから北海道は本格的な冬に入りますが、僕の心はまた熱くなりました! )^o^(















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by tturarc166 | 2016-11-22 09:58 | バイク | Trackback | Comments(0)
オラのエレグラ 未だにどこに付くのかわかんないパーツが一個
a0160770_15391965.jpg

間違いなくマフラーかエキパイ付近に付くと思うんだけど、どこにも合うとこがないんだよね(´;ω;`)
まあ無くても大丈夫そうだからいいんだけど気になる・・・

その他の外装パーツも分からないのが何点か合ったけど、パーツリストなんて無いから12分の1のプラモデルを見て取り付けた。役に立つもんだなあ(´▽`)
a0160770_1554158.jpg

これはオラが38年前に北海道旭川に移住して来た年の旭山動物園の駐車場
そこに何と憧れのFLHが停めてあった。動物園なんか見なくていい
このハーレーをずっと見ていたかった事を思い出した。
何てカッコイイんだろう!
a0160770_15582790.jpg

a0160770_15591972.jpg

しかし国産旧車にもハマってたから中々高価なハーレーに手が出せない・・・
そして今年やっと念願のショベルが乗れる状態になった。
a0160770_164322.jpg

長かったなあ・・・
今年は冬が来るのが1ヶ月も早かったから、その分早く春が来る事を期待して体力を付ける事にした。


































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by tturarc166 | 2016-11-21 16:09 | バイク | Trackback | Comments(0)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ