ブラック・メリー号

昨日は外出許可をもらい1ヶ月振りに我が家へ帰って来た。外はしっかり春になっていた。
色々と外仕事をしていたら、ちょうど義兄が沖縄から届いた野菜を持って来てくれた。毎度毎度有難い。長命草、トマト、キュウリ、そして行者ニンニクも貰った。
さて、外仕事が一段落したので久しぶりにブラック・メリー号との対面・・・
硬くて重たい扉を開けるとその馬体がドッシリとして見えた。
a0160770_10413116.jpg
a0160770_10415581.jpg
取り敢えず跨ると音が聞きたくなり、セルを回してみると、何とジェルバッテリーの凄い事!
この重たいショベルのクランクをいとも簡単に廻すではないか!それも去年の11月から約半年間、一度もエンジンも掛けず充電もしていないのにグイグイと力強くブラック・メリー号を揺らす・・・
開放式のバッテリーじゃ有り得ない事だ。

3回程セルを廻してみたが、掛かる様子がないのでエアクリ外してスターティングフルードを吹きかけようとしたら、下からダラダラとエンジンオイルが漏れ出して来た。何だ!何だ?
覗いて見るとブローバイホースから、止めど無く漏れている。
少し様子を見ていたら300cc位漏れて止まって来たので、まだオイルタンクにはオイル量は十分に残っているから、スターティングフルードを吹き込んでセルを廻すと一発で始動。しかしまた漏れ出して来たから一応やめておいた。
ん・・・どういう仕組みになってんだ・・・?

ドライサンプだから一定期間置いてたから重力でクランクケース内に落ちていったのかなあ・・・
昔、CB750K0に乗ってた時にオイルタンクが空になってたからオイルを入れてエンジンを掛けたらオイルタンクから入れた分だけ溢れ出してきた事がある。オイルタンクのリバースバルブが壊れていてオイルが全部クランクケース内に落ちてしまっていた。
だけどエンジンを廻せばまたオイルタンクに戻ってくるけど、ブローバイからオイルが出て来るような事はない。
ショベルってどうなってるんだろう・・・たぶん溜まってるオイルが出ちゃえば大丈夫なような気がする。
違うのかなあ・・・(´;ω;`)
a0160770_11000767.jpg






























ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


[PR]
トラックバックURL : http://timetunnel.exblog.jp/tb/23861138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 旅者 at 2017-05-05 15:32 x
コンテナの室温があがって膨張したとか?
Commented by tturarc166 at 2017-05-05 17:20
コンテナって夏は湿度が高くなるからバイク錆びちゃうよね、だからこのコンテナ内は換気扇が一年中稼働してます。
by tturarc166 | 2017-05-05 11:09 | バイク | Trackback | Comments(2)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ