ヤマハ YAT-1の思い出

a0160770_1027223.jpg

実はこのバイクに乗った思い出ではありません・・・
とっても悲しい思い出です。
昔の自分はジャンクヤードが大好きで、休みの日になると弁当持参で廃車置き場を廻っていました。
そこでどうしても乗ってみたくなるバイクを見付けるたびに持って来るので置き場に困り、両親の自宅の周辺にまで並べていたら、いつも母親に「雑品屋と間違われるから早く処分して!近所迷惑なんだから・・・」と怒られていたのです。さすがに多い時には120台くらいになっていました。で、少しずつ減らしていったのですがどうしても手放せないバイクも有ります。いつか絶対直して乗ってみたいと思う物だけ残して置いていたら、ある日全部消えていました。母親に聞くと業者さんを呼んで持っていってもらったと言うのです。年老いた母を怒鳴るわけにはいかず、諦めましたが、その中にYAT-1が有ったのです。ヤマハの歴史の中で初期はドイツのDKWなどを模範として作られていたものが多かったのですが、この車両を初めて見た時にやっと日本のヤマハらしいデザインだなあと思っていました。だからどうしても乗りたかったのに消えてしまい、ずっと僕の記憶の中に残ってしまったのです。それが芦別の薮農機さんと東滝川の鈴木オートさんの御好意で同じ車両が我が家にやって来ました。これでやっと長年の夢が来年きっと叶う事になりそうです。

















ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[PR]
トラックバックURL : http://timetunnel.exblog.jp/tb/23480942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by achao at 2017-07-01 07:34 x
初めまして!
私もYAT-1が好きで、125ccと127cc(YBT-1)を所有しています。こんなにスタイルが良くまとまっているのに、何故ヤマハは後継車(YAT-2)を出さなかったのか不思議です。
Commented by tturarc166 at 2017-07-01 10:43
> achaoさん
以前YAT1を検索していてachaoさんのブログを拝見した事が有りました。
ヤマハのコミュニティープラザの初代館長の佐々木氏は友人です。今はYDSクラブでご活躍されています。何か分からない事が出てきたらご相談させてくださいね。
by tturarc166 | 2016-12-17 10:55 | バイク | Trackback | Comments(2)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ