車検整備

そろそろ愛機チーフを復活させなければならない。
ふと外しておいたバッテリーを見ると6ボルトバッテリーの
3層の右側がサルフェーションを起こしている。
a0160770_718190.jpg

そうだよなあ、7年目だもなあ・・・良く今まで生きてたもんだ。
予備の新品は持ってるんだけど僕は貧乏性なので何とか充電出来ないか~~
12時間目。
まだダメ(泣)
バッテリーの中の鉛板(電極板)は希硫酸の電位差を利用して
化学反応させて電気を充放電してる。
鉛板が白くなる現象(サルフェーション)は、
電極板の表面が結晶化して白く極板を覆ってしまう。
バッテリーがダメになる原因だ。
バッテリー液が減って中の電極板が露出するとこうなるけど、
液は規定量入ってたのに、もう限界かな・・・

これはバッテリーじゃなくバッテリーカバー。かっこいいでしょ(^O^)
a0160770_7142776.jpg

a0160770_716548.jpg

外側と内側に端子を付けて中に入れるバッテリーと繋ぐようになってる。
a0160770_7184020.jpg

バッテリーが外観で見えるところに付いてるバイクには
古くて黒い大きなバッテリーが付いてるように見えるのが最高!
68年前のバイクだけど俺より元気さ!!!
[PR]
トラックバックURL : http://timetunnel.exblog.jp/tb/19827363
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tturarc166 | 2014-05-24 07:26 | バイク | Trackback | Comments(0)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ