不遇の名車 メグロ

不遇の名車 メグロ E3

a0160770_1717628.jpg


アサマ・レーサーのRZからメグロ・シリーズ初のOHCエンジン技術をフィードバックして1958年に市販された、E3型
RZ/A、RZ/BはOHVエンジンを搭載していたが、その後のRZレーサーはOHCになり1957年の浅間レース、セニアクラスで杉田選手と折懸選手でのワンツー・フィニッシュは有名だ。
数あるメグロ・シリーズの中でも、フロントに「アールズ・フォーク」を採用したのはこのE3型だけ・・・
当時のVOGUEであった事には違いないが試験的な投入だったようだ。

a0160770_17173926.jpg


独特なタンク・デザインにより、マニアからは「鉄カブト」と呼ばれていた。
排気量 123cc 8、2hp/7000rpm という高回転型のレイシーなこのエンジンは少々低速での扱いずらさが不評で当時のメグロ派の人々には中々受け入られなかったようだ。
1959年にはホンダからスーパースポーツCB92が発売されると同時に好評だったが、メグロとしての伝統や風格を維持したデザインもいささかユーザーには理解を得る事は難しかったようで、生産から1年半の間、1,962台の販売に留まった。
僕はこのような独特のクセのある雰囲気を持つモーターサイクルが好きなので、このままの状態を保ちながら走り続けたいと思っている。
[PR]
トラックバックURL : http://timetunnel.exblog.jp/tb/17053733
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tturarc166 | 2012-12-27 17:21 | バイク | Trackback | Comments(0)

美しきかな北海道 カントリーカフェ・ タイムトンネルから発信


by ムッシュ